スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食欲復活&そろそろ私も・・・

今日は月1回のお弁当デーでした。先月に引き続き出社日に重なって朝は超バタバタ・・・。ぴぴからのリクエストで、「ぴぴちゃん&ボンくん弁当」です。
6月お弁当 最近オリジナルを要求されて困ります。。。
おかずも好きなものばかり。お弁当箱、小さいキティのほうにするか、いつものジャッキーのにするかぴぴに聞いたら、大きいジャッキーを選びました。
会社から帰ってくると、一番に「お弁当、全部食べたよー。めっちゃおいしかった~」と、元気に教えてくれました。
やっぱりぴぴはこうでなくちゃね!食欲が復活して何より。

会社では、ボーナス評価についての上司との面談があり、その際に「在宅勤務をいつまで続けるか」という話になりました。制度としては、子どもが小学校就学まで、ということになっています。私はボンが小学生になるまで続けるつもりで、ぴぴを保育園ではなく幼稚園に入れました。
ですが、上司は私のキャリア形成計画をしっかり考えてくれていて、新しい仕事もやってほしい、また自分の仕事だけでなく後輩育成へのより積極的に貢献してほしい、などの理由もあり、できればぴぴが小学生になるころには、毎日出社してほしい、との要望がありました。

実は私自身も、おっとりしていて成長がゆっくりしているボンにとっても、このまま私と家の中中心の生活を続けるのが、果たしてボンの成長のために本当にいいことなのかな・・・と疑問に思い始めてました。おとなしいなりに、最近はよく走るし動くし、活発になってきて、外にしょっちゅう出たがります。そんな要求に100%応えられるわけもなく。。。赤ちゃんの頃にはあまり気になりませんでしたが、成長するにつれて、このままでいいのかな・・・という思いが出てきていました。保育園や幼稚園で大勢のお友達と広い園庭でいっぱい遊んだほうが、ボンにとっては刺激が多くていい影響を受けられるんじゃないかと。。。

そんなときに、面談でこのような話になり、ダンナや親とも話をした結果、ぴぴが1年生になる頃には毎日出社する体制にすることを前提に、準備をしようということになりました。

ここで最大の問題は、ボンを保育園に入れるか、4年保育の幼稚園に入れるかということです。一番近い保育園は、朝7時半から夜6時半まで。でも駅を通りすぎて送って行き、また戻ってこないといけません。幼稚園はぴぴとは別になりますが、夜6時まで預かり保育があり、私の通勤の最寄り駅の真横で、送迎にはこの上ない条件です。ただ、週2のお弁当や冬休み・春休み・夏休みなどの期間をどうするかなどは考えないといけません。


今年の秋には幼稚園の願書受け付け、冬には保育園の申し込み・・・実はあまりゆっくりもしていられません。
一度入園したら簡単に変えられるものではないので、ここは協力してくれる両親も含め、小学生になった後のことも考えながら、慎重に決める必要があります。まずは両方見学に行き、詳しい説明を聞いてみることが課題です。7月に入ったら早めに行っておかないと、幼稚園は夏休みになっちゃいますね。

そのときそのときで子どもや自分や家族や会社の状況が変わり、自分の考え方も変わるものですね。少し前の私なら「なんでこんなにちゃんと仕事してるのに、在宅勤務をやめさせられないといけないの!」と不満に思っていたと思いますが、今は自分に色々期待してもらえることをありがたく感じ、前向きな申し出ととらえています。

何もかも思い通りになるということはないけれど、与えられた環境の中で、常にベストと思える選択をして、できる限りの努力をすれば、そんなに悪いことにはならないはず。新しい生活に向けての準備、がんばります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!
ランキング参加中☆
ポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

pipimama

Author:pipimama
子育て、家事、お仕事を楽しむ欲張り新米ママです☆メーカー勤務10年目突入。精神年齢だけは4歳児並に若い!?おいしいものを食べるのも作るのも大好き。細かい作業が大の苦手。
Family
ダンナ:同じ会社に勤めてます。家事は完璧☆
ぴぴ:2006年3月17日生まれの長女。顔はダンナ似、食いっぷりは母似のもよう。
ボン:2008年7月10日生まれの長男。とってもおっとり系で、我が家の癒しです。

☆一部の記事は、閲覧制限を設けております。詳しくは2009年12月1日の日記をご覧ください

ただいま成長中

*script by KT*
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。