スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕が抜けた~

今日、ぴぴのお迎えのため幼稚園バスを待っているときのこと。ボンが珍しく「うぇ~~~ん!」と泣きだしました。ん?眠いのかな?でも昼寝1時間したしなぁ。機嫌悪い?

と、大して気にもせずいたのですが、家に帰ってからがもう大変でした!
すーーーんごいギャン泣き。こんな激しい泣き方聞いたことないってくらい泣き叫びます。そんなに眠いなら寝ろよ~と思いながら抱っこしてたんですけど、寝そうにもない。そこへばぁば登場。

ボンの大好物のみかんを持ってきてくれていて、食べさせようと皮をむきむき。いつも「ちょーだい」と手を出すのですが、今日は泣いていて手を出しません。手に持たせても口にも持っていかない。あれー、お腹すいてないのかな?と思って片付けようとしたら、左手でミカンをとって食べました。泣きながら。

そこでばぁばが「この子、右手使わへんなぁ。痛いんちゃう?こんなに泣くなんておかしいで。肩が抜けてるとか・・・」と言いだし、「えー、でも別に引っ張ったりしてへんし、そんなことないと思うけどなぁ。。。それにぷらーんってなってないし。」と、特に思い当たることもない私はほかに痛いところがあるんじゃないかと、服を脱がせてみたりしましたが、見た目で痛そうなところはなし。まだ話せないので、どこが痛いのか、なんて聞いてもわかりません。

しかしかれこれ1時間以上泣き叫んでいるので、おかしい。熱もないしなぁ。そして、やっぱり右手を動かさない様子ボン。絶対に右手を動かすはずのシチュエーションを作りだしてみて確認することに。それは・・・大好物のボーロを食べさせる。それと、大好物のオレンジゼリーをスプーンで食べさせる。

どっちもできませんでした。(左手で食べたけど、泣いてるのであまり食べられず・・・)

痛いのか、眠いのか、なんだかよくわからないけど、とりあえず右手を使おうとしないので、ちょうど夕方診療が始まる近所の整形外科へ連れて行くことにしました。ベビーカーに乗せた途端、泣きやんでご機嫌な笑顔になり、「あれ?やっぱり機嫌が悪いだけ?」とか思いつつ、大丈夫ならそれでいいや!と思い受診。

結果・・・腕というか、
肘が抜けておりました ・゚・(*ノД`*)・゚・。

先生が最初にチェックしたのも、お菓子を持たせて口に持っていくかどうかを見る、という方法でした。(私のやってみたこともあながち間違いではなかった。)念のためレントゲンとって、異常がなかったので「やっぱり肘が抜けてるね。すぐに治しますね~。」と。そしてボンの「ぎゃーーーーーーーー!!」という絶叫が響きました。肘内障(ちゅうないしょう)といい、完全に脱臼するのではなく、抜けかかってる、という状態だそうです。

で、治ったかどうか、またまたお菓子を食べるかで実験。まだ泣いていて手を出さなかったけど、右手で持たせると・・・おもむろに口に持っていきパクパク。ようやく痛くないと気がついたみたいで、けろっと泣きやみました。

で、何が原因だったのかと。身に覚えがないけど、私以外にボンの腕を引っ張った人物はいないはず。おそらく、バスを待っている間、ボンが走っていこうとしたのを止めるために、もともとつないでいた手を離さないでいたので、その時に引っ張られて抜けたのだと思われます。でもぉ・・・心当たりがないくらいの引っ張り方でも抜けてしまうんですね。しかも、ばぁばに「右手使ってない」って言われるまで、眠くて泣いてるのかと思っていたくらい、何も気づきませんでした。うーん・・・整骨院ですぐに治ったけど、これが診察時間外だったり、休日だったらどうしてたんでしょう。あんなに泣いてて、しかもどこが痛いのかもわからなかったら、とりあえず小児科行って、待たされて、あげくちゃんと診断されていたのかどうか・・・。

ばぁばのナイス判断で救われました。普段からボンのことをよく見てくれているからこその気づきだったんでしょう。それに比べて私は・・・ちょっと凹みました。

とにかく大事に至らなくてよかった。あまり強く引っ張らないように気をつけないといけないけど、この世代の男の子を相手に、それはなかなか難しいなぁ・・・。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日常生活でも肘が抜けちゃう事ってあるんだねえ!
すごくびっくりしたよ~。
すぐに治してもらえてよかったね。
普段あまり泣かない子が訴えるようにずっと泣いてる時は異変や不調のサインの可能性大なんだね。
うちも気をつけるね!
でも、ばあばや保育士さんのように
ママより一歩引いて見れて且つ愛情を持って接してくれる人の方が
的確な判断ができることってきっとあると思う。
私も絶対自分では気づけないと思うし。だから、へこまないでね!

No title

うちののんも肘内障やったことあるよ~
ダンナがお店のレジの前でクイっと腕を引っ張ったら
だらーんとなってしまったそうで--;
小さい子はよくあるみたいだね。
接骨院にいったらすぐに治してくれたよ。
男の子はやんちゃだから、気を付けないとね~
智もだいぶ力が強くなり、引き出しをあけては
いろんなものを引っ張り出すし、もう大変よ^^;

おへんじ

~pipimamaさんへ~
ありがとうございます・・・。とりあえず1時間くらい気づかなかった自分に一番ショックを受けてしまいました。あの泣き方、思い出しただけでかわいそうです。腕を引っ張らないように気をつけているつもりだけど、私が引っ張らなくてもボンがすごい力で私を引っ張るので、結果的にボンの腕が引っ張られることになってしまい・・・ほんとに難しい。あまり神経質になっても仕方ないけど、癖にならないように気をつけたいと思います。

~sachikoちゃんへ~
のんちゃんも経験ありなんだねぇ。その場で気づいたっていうのが不幸中の幸いだったのかな?
ボンも何でもばらまいてくれるので、もう片付けても片付けても意味なし。。。寝るまで放置したいんだけど、散らかってるのが目に入るとイライラしちゃって、無駄とはわかりつつ片付けて、また出されて。いつになったら落ち着くんでしょ。
ようこそ!
ランキング参加中☆
ポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

pipimama

Author:pipimama
子育て、家事、お仕事を楽しむ欲張り新米ママです☆メーカー勤務10年目突入。精神年齢だけは4歳児並に若い!?おいしいものを食べるのも作るのも大好き。細かい作業が大の苦手。
Family
ダンナ:同じ会社に勤めてます。家事は完璧☆
ぴぴ:2006年3月17日生まれの長女。顔はダンナ似、食いっぷりは母似のもよう。
ボン:2008年7月10日生まれの長男。とってもおっとり系で、我が家の癒しです。

☆一部の記事は、閲覧制限を設けております。詳しくは2009年12月1日の日記をご覧ください

ただいま成長中

*script by KT*
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。