FC2ブログ

出産当日レポート2:中盤、理性を失う

おお泣きの日々から落ち着きを取り戻したぴぴさん。おとなしく寝ていると思いきや、いつのまにか袖から肩が完全に出てる!遠山の金さんみたいなぴぴ。
0407ぴぴ


恐ろしいことに、あんなに衝撃的だった出産当日の記憶が徐々に薄くなっていっています。人間ってすごい。忘れないうちにレポート第2弾です・・・。
夜ごはんを食べた頃まではまだ余裕だった私ですが、その後陣痛の間隔が2分ほどになり、もう我慢できないくらい痛い!ダンナに腰やお尻を押してもらいながら耐えました。子宮口の開き具合を見るため、看護師さんが子宮口にぐーーっと手を突っ込むこと数回。これが「ぎぇ~!!」と飛び上がるほど痛い!看護師さんは「悲鳴が出てるあいだはまだ陣痛が強くないってことやね~。まだいきんだらダメですよ。」
ううっ・・・まだこれ以上痛くなるの?だんだん痛くなるっていうけど、いったいどこまで痛くなるの?
しかも、なんだか突然吐き気が!!「なんか、吐きそうです。あー気持ち悪い。」看護師さん、すばやく吐き袋?を用意。あー、気持ち悪い!!さっきご飯食べたのがよくなかったのかなぁ。。。
そうこうするうちに、先生が登場。先生:「どうですか?」私:「めっちゃ痛いです。」先生:「あー、さっきまでの笑顔がなくなったねぇ。」笑顔!?何それ。無理無理!!
そして、NSTを見ながら先生が言いました。「これは微弱陣痛やねぇ。促進剤せんとあかんかもね。」え~!!こんなに痛いのに微弱ってどういうこと??促進なんてしたら、どんなに痛いことになるの??

破水もしてなかったので、先生の手によって人工的に破水させられました。じょわ~っと結構な量の生暖かい液体が出てきました。羊水がどんな色とか匂いとか見てみたかったけど、そんな余裕はまったくなし。あとでダンナに聞いたら、なんか血みたいな感じだったそうな。
破水したら、急に痛みが増してきて、ダンナに向かって「痛いー!痛いー!早く腰押して!!もっと強く押して!そこじゃない!」と理性のかけらもない状態。力を抜けと言われてもやはり力が入ってしまい、かねてから痛かった肋骨の痛みがここへ来てかなりひどくなってしまいました。看護師さんが「腰を押してもらうなら仰向けより横になったほうが楽よ。」と言ってくれるのですが、私:「横向くと肋骨が痛くて無理なんです。」看護師さん:「肋骨がどうしたの?」私:「と、と、と、とにかく横向いたほうが痛くてしんどいので、このまま仰向けでいいです。」もう何も説明することができません。
オシモから看護師さんの腕をねじこまれること数回、やっと子宮口が全開に。ベッドが分娩台に変身。看護師さん:「はい、じゃあいきんでみましょう。」私:「何回いきんだらいいんですか?10回くらいで生まれますか?」看護師さん:「あはは!10回で生まれたら楽ですねー。」
あとどのくらいかかるんだろう・・・でも、確実にぴぴとの対面の瞬間が近づいてきた!(出産当日レポート3へ続く)
スポンサーサイト



テーマ : 出産
ジャンル : 育児

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!
ランキング参加中☆
ポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

pipimama

Author:pipimama
子育て、家事、お仕事を楽しむ欲張り新米ママです☆メーカー勤務10年目突入。精神年齢だけは4歳児並に若い!?おいしいものを食べるのも作るのも大好き。細かい作業が大の苦手。
Family
ダンナ:同じ会社に勤めてます。家事は完璧☆
ぴぴ:2006年3月17日生まれの長女。顔はダンナ似、食いっぷりは母似のもよう。
ボン:2008年7月10日生まれの長男。とってもおっとり系で、我が家の癒しです。

☆一部の記事は、閲覧制限を設けております。詳しくは2009年12月1日の日記をご覧ください

ただいま成長中

*script by KT*
最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク