スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入院パターンあれこれ

またかよ・・・ってくらい毎日お菓子ばっかり作ってますが、今日はプーさん&ピグレットのクッキーです。顔を描くまではよかったけど、描いたらなぜかビミョーな感じに。やはりお絵かき系はダメだわ。でも、ぴぴはこんなクッキーでも「うわ~、プーさんとピグレット、かわい~ね~。ママ、じょうずね~。」と絶賛してくれます。ううっ、ありがとう。
プーさんクッキー

ぴぴは今朝も5時10分に起きて、牛乳飲んでご飯食べて、なんと5時50分には「もう寝よっか~」と言い出し、ゴロゴロ開始。そこからヒソヒソ声でごにょごにょ言ったり、途中うとうとするも、私がそーっと部屋を出ようとすると「ママ、大好き~」としがみついてきたりで、なかなか脱出できず、完全に寝たのは朝8時半。10時まで寝て、お昼は13時から15時までまた寝ました。もう完全にむちゃくちゃですが、昨日反省したせいか、今日はそんなぴぴもかわいく見えたし、私も一緒にうとうとしてちょっと楽になりました。

ただねぇ・・・今はそれでいいんですが、出産で入院するときに、ぴぴは実家に預けることになります。それまでに睡眠のリズムを少しでも戻したいんだけどなぁ。。。なんて考えつつ、入院する際の状況を具体的に考えたことがないことに気づき、自分の頭を整理するために、いくつかのパターンを考えてみることにしました。
お産の始まりは、陣痛or破水のどちらかからが一般的だと思うのです。(これ以外って何かあるのかな?)かつ、始まる時間帯がいつごろか(夜中or日中)、ということを考えといたほうがよさそうです。前回の出産と大きく違うのは、ぴぴがいるということです。入院するとき、ぴぴをどうするかということを考えないといけません。

私はできればぴぴを出産に立ち会わせたいと思っています。その前提で考えてみると・・・

〔病院へ向かうとき〕
○夜中に陣痛が始まった場合:極力朝まで耐えて(もちろん病院の指示に従いますが)ぴぴが起きてからダンナと3人で病院へ行けたらいいなぁ。。。

○夜中に破水した場合:たぶん夜中のうちに病院にいくことになるのかな?破水の量にもよるのでしょうけど、未経験なのでどのくらい余裕があるのかわかりません。寝ているぴぴはどうする?起こしてでも連れて行くのか、母に家に来てもらい、朝起きてから病院に連れてきてもらうか。

○日中に陣痛が始まったor破水した場合:ダンナに連絡。母に家に来てもらい、ぴぴと3人でタクシーで病院へ向かう。ダンナにも会社から病院へ向かってもらう。

〔病院に着いてから〕
○分娩まで時間がかかりそうな場合:いったん母にぴぴを連れて帰ってもらう?その場合、来てもらいたいときに、タイミングよく連絡できるか?

○分娩まで早そうな場合:ダンナが到着するまで病院で待ってもらい、ダンナ到着とともにぴぴも立会い。

〔分娩中〕
○時間がかかりすぎたり、ぐずったりした場合は、母に分娩室に入ってきてもらうか、あきらめて生まれるまで分娩室の外に連れて行ってもらうか・・・。

ダンナや母ともそろそろ話し合いをしておかないといけないですね。
そして、2歳3ヶ月で出産への立会いはどうなんでしょうねぇ・・・。怖いかな?びっくりする?長時間だと疲れちゃう?病院の方針としてはファミリーで立会いを推進されてますが、実際に経験された方がもしおられたら、どんな感じだったか教えていただきたいです。あと、入院する際のアドバイスなどもあれば、ぜひお願いします。

ご訪問ありがとうございます☆今日も応援のポチをよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓
ranking

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ファミリー立会い出産!

こんにちは~。お菓子作り、ステキですね。充実した日々を過ごされてますね。
出産ですが、私もできればパパだけじゃなくて子どもにも立会ってもらいたいな~と考えてます。
”ある日病院に行ったらママのそばで知らない赤ちゃんがいた・・・”っていうパターンよりは、”ママから出てきた赤ちゃん”って少しでも理解をしてもらえると嬉しいなって思って。
もちろん、苦しむママの姿を見てショックを受けるかもしれないし、お産が長時間にわたるとグズグズしちゃうだろうし・・・思い通りにはいかない可能性が高いですけどね~。
いずれにせよ、ひとり目のときよりも気持ちに余裕はあるはず(?)なので、まず自分自身が新しい命が誕生する瞬間を楽しめるといいな~と思ってます☆
お互い、がんばりましょうね~。

うちはかいぽんの時にうたうたも途中まで立ち合わせたんやけど、結局夜遅くまで長引いて出産の時には家に帰っちゃってたよ。
私が『イタイ!!イターイ!!!』と連呼していたので、出産後に会ったときには「もう痛いの大丈夫?」って数日間はいたわってくれました。陣痛の間は殺気立っていたからかあまり近寄って来なかったような…(痛くて覚えてない)。すべてを見届けてはもらえなかったけれど、貴重な経験はできたみたい♪

☆おへんじ☆

~yamaさんへ~
家の中でできることがお菓子作りくらいしか思いつかなくて・・・。毎日飽きもせず作ってます。私もぴぴが赤ちゃんを受け入れるステップとして、途中まででも私が赤ちゃんを産む姿を見てほしいと思っているんですが、子どもにとってはどうなのかな~って思ったり・・・。私自身も、子どもが見てると思うと、少しは冷静になれるかな、なんていう期待もあります。

~いーちゃんへ~
そっかー、うたうたも途中までは立会いしたんだね。どれだけ時間かかるかわからないから、無理はさせられないもんね。やっぱ母についてきてもらって、途中まででもいっしょにいようかな。今ですらぴぴは私のお腹痛(?)を心配しているから、陣痛で叫んだりしたらびっくりするだろうけどねー。
ようこそ!
ランキング参加中☆
ポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

pipimama

Author:pipimama
子育て、家事、お仕事を楽しむ欲張り新米ママです☆メーカー勤務10年目突入。精神年齢だけは4歳児並に若い!?おいしいものを食べるのも作るのも大好き。細かい作業が大の苦手。
Family
ダンナ:同じ会社に勤めてます。家事は完璧☆
ぴぴ:2006年3月17日生まれの長女。顔はダンナ似、食いっぷりは母似のもよう。
ボン:2008年7月10日生まれの長男。とってもおっとり系で、我が家の癒しです。

☆一部の記事は、閲覧制限を設けております。詳しくは2009年12月1日の日記をご覧ください

ただいま成長中

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。