スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボン出産レポートその1~ついに来た!陣痛編~

忘れないうちに、今回の出産レポート第一弾を。

始まりは7/4の入院騒動からでした。(詳細は7/4の日記をご参照ください。)1日入院したものの私の子宮は陣痛促進剤を完全無視し続け、強い陣痛がつかず、結局子宮口7センチ開いた状態で家に帰ることになりました。
その後毎晩、まぎらわしい前駆陣痛に悩まされるも、朝になるとなくなるという繰り返し。先生は「自然な陣痛を待ちましょう」と言っていたけど、こんな調子じゃ、もう自然な陣痛は来ないんじゃないか・・・と心のどこかで思っていました。

7/9日夜11時。いつものように10分間隔でお腹が張りはじめましたが、また前駆陣痛かぁ~と決めてかかっておりました。しかし・・・
11時半になり、どうもお腹の張りの間隔が短い感じがするのと、いつもみぞおちあたりが張ってたのが、今回は下腹と腰が痛いような気がしてきました。念のため張りの間隔を計りはじめると、8分、6分、5分とどんどん短くなりました。産院からは張りが10分間隔になったら連絡するように言われてましたが、一度フライングしているだけに、深夜だし陣痛だと確信を持てないとなんとなく連絡しづらいなぁ・・・なんて思ってたら、下腹の痛みも「イテテテ」と声が出るほどに。これはついに陣痛かも?

7/10になってすぐの深夜0時、ついに産院に電話。でも毎晩こんなことが続いてるため、イマイチ自信がなくなり「朝まで様子みたほうがいいですかねぇ」なんて言ったりしましたが「子宮口7センチ開いて5分間隔なら今すぐ来てください」と言われ、産院へ行くこと決定。荷物を用意する私が最後に入れたのは、賞味期限が迫った冷蔵庫のプリンとスプーン。また産院で陣痛が弱くなり朝を迎えることになったら食べようと思って。今思えばこの時はまだすごい余裕がありました。

実家に今からぴぴを預けにいくと電話し、ぴぴを起こしてダンナと3人で駐車場へ向かいました。7月4日の入院騒動で深夜に家を出る練習ができていたので、ぴぴもすんなりばぁばの家に行くことを了承。駐車場につく頃には、痛みでうずくまるほどに陣痛が強くなって、これは間違いなく陣痛だとやっと確信できました。車に乗って実家にぴぴを預け、0時半すぎに産院に到着。2階のLDRに上がるのも、陣痛の合間を利用してささっと・・・。LDRに着いてすぐ、出産用の服と産褥ショーツに着替えました。痛いながらも、このまま出産になると思ったので、まずは「トイレ行ってきまーす。」と自らトイレに行く余裕がありました。

もう飽き飽きするほどやってきたNSTの機械を付け、お腹の張りを確認。これまで見たこのないくらい大きな山が描かれ、間違いなく陣痛ですでに3分間隔くらいになっていました。内診では子宮口7センチ。「朝までに生まれますか?」と聞くと「明るくなるまでに生まれますよ」とのこと。それを聞いて、あぁ・・・やっとこのつらかった妊娠生活が終わり、赤ちゃんと会える!と俄然やる気になりました。が、助産師さんからこんなことも言われました。「骨盤が狭いし、今回もお腹押したり吸引になる可能性が高いですけど、がんばりましょうね。」・・・もう何でもいいです。

そんな私の耳に入ってきたものすごい叫び声・・・
「ぎゃ~~!イタイイタイ!!誰か助けて~~!!どうしたらいいの~!誰か変わって~!!もうイヤ~~!!」
隣のLDRで陣痛に苦しむ妊婦さんの声でした。どんな人かわからないけど、半狂乱なのにものすごい長ゼリフですごいなぁ~・・・体力消耗しそうだなぁ・・・と、それを聞いて一気に冷静になった私。私は体力ないし、あんなふうに叫ぶまいと心に誓ったのでした。

子宮口全開の10センチになるまでいきみ逃しをすることになりました。分娩台のバーを持つと力が入ってしまうので、右手はダンナの手を優しく握り、呼吸はひたすら深呼吸で、力を入れないことだけに集中しました。痛いときに力を入れるのは簡単なのですが、力を抜くというのは本当にむずかしいです。でも、前回の経験から、全開するまでにどんなにいきんでも無駄だし、余計赤ちゃんがしんどくなることを知っていたので、ぴぴと毎日やっていたヨガの呼吸を思い出し、ぴぴの「ママ、がんばって~」の掛け声を思い出し、だんだん痛みが強くなる中、声を上げることもなく、ダンナの手をふにゃふにゃ~と握って力を抜き続けました。我ながら上手に力を抜くことができてるな~、まだまだ痛くなっても大丈夫っぽいな~と思ってました。でも、私が静かだったのはここまででした。。。

(ボン出産レポートその2へ続く)

ご訪問ありがとうございます☆今日も応援のポチをよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓
ranking
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ボン君を迎えての新生活、順調なようで何よりです。ぴぴちゃんも良い子だし、旦那様も家事に育児に活躍してくれてるようで(あんなに美味しそうなフォンダンショコラが作れるなんて!うらやましぃ~。我が家のパパは超甘いもの好きですが、食べる専門です・・・)。
出産レポート第一弾、ありがとうございます♪ これから同じような経験をするであろう私にとってはかなり貴重な情報です。
それにしても・・・第一弾で終わりにしたい~(=_=) 続きを読むのが怖いんですケド・・・。

☆おへんじ☆

~yamaさんへ~
ダンナは気が向いたらお料理してくれます。フォンダンショコラはかなりおいしいですし、私は面倒なので作らないからとってもありがたいです。出産レポート、少しでも参考になればうれしいです。経産婦は進行が早いっていうのは本当でした。
ようこそ!
ランキング参加中☆
ポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

pipimama

Author:pipimama
子育て、家事、お仕事を楽しむ欲張り新米ママです☆メーカー勤務10年目突入。精神年齢だけは4歳児並に若い!?おいしいものを食べるのも作るのも大好き。細かい作業が大の苦手。
Family
ダンナ:同じ会社に勤めてます。家事は完璧☆
ぴぴ:2006年3月17日生まれの長女。顔はダンナ似、食いっぷりは母似のもよう。
ボン:2008年7月10日生まれの長男。とってもおっとり系で、我が家の癒しです。

☆一部の記事は、閲覧制限を設けております。詳しくは2009年12月1日の日記をご覧ください

ただいま成長中

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。