スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電車でお出かけ

私とぴぴは今日、約5ヶ月ぶりに電車に乗って、病院へ行きました。ボンを実家に預け、おとといから実家に泊まっていた妹と甥っ子が帰るので、途中の駅まで一緒に行くことに。ぴぴはずっと電車に乗りたいと言ってたので、久しぶりの電車にとっても喜んでました。「でんしゃではしらない、しずかにすわる」と事前にすりこんだ甲斐あって、ずっとおとなしくしてくれました。
電車1 電車2 電車、はやいね~

何で病院へ行ったかと言うと・・・
実はぴぴの歩き方がずっと気になっていたのです。歩き始めた頃からかなり内股だったのですが、最近さらに内股になり、つま先を引きずるような歩き方になってきているんです。それと、首が常に右に傾いているのも気になって、新生児の頃から筋性斜頚でお世話になっている小児整形の先生に診てもらうことにしました。

1年前にも1度電車で行きましたが、そのときはまだベビーカーで、地下鉄の駅で長い階段をベビーカーにぴぴを乗せたままかついで上がって大変な思いをしましたが、今日は手をつないで階段をすいすい歩いてくれて、なんとも楽チン。診察の予約していたけど、50分遅れとのことだったので、待つ間に病院の向かいのパン屋さんでランチしました。このパン屋さんは、1年前にぴぴがメロンパンを食い逃げしそうになったパン屋です。ぴぴと2人でこんなふうにランチできるようになったなんてねぇ。ほんとに1年でずいぶん成長しました。ただ、ぴぴはパン屋さんを「パンダさん」って言ってるけどね。。。

食べ終わって病院に戻ると、5分ほどで診察に呼ばれました。先生に歩き方を見てもらい、ベッドで足と首をいろんな方向にひねって、関節や筋肉の状態を診てもらう間、ぴぴはちょっと緊張気味でしたが泣かずに耐えてました。首も足も今のところ病的というレベルではないので、特別なことはしなくていいとのことで一安心。今後も筋性斜頚の定期検査のときにあわせて経過をみてもらうということでした。

帰りは駅まで歩くときに雨が降ってきて、コンビニで傘を買いました。まぁそのコンビニがあふれるような人で。そういえば行きの電車も妙に混んでいたし、いかに観光シーズンとはいえ平日の昼間にすごい人だと思っていたら、今日は京都の三大祭のひとつ、時代祭の日で、まさに目の前を行列が通っていきました。
時代祭

帰りの地下鉄も混んでいて座れなかったけど、じっと立ってくれて、乗り換えたあとのJRではさすがに疲れたのか爆睡してました。一番大変だったのは、最寄り駅から実家までの徒歩。雨が降っていて、傘を自分でさしたいぴぴさんに合わせて、私は中腰状態で歩く羽目に。。。が、途中であきらめて、実家に着く頃には、私はずぶぬれになってしまいました。
お留守番中、ボンは泣きながらも、苦手の哺乳瓶でがんばって冷凍母乳を飲んでくれたそうです。えらい!

片道1時間ちょいの電車でのお出かけ、歩く時間もけっこうあって、階段もめちゃめちゃあって、ぴぴにとっては相当な運動だったと思いますが、ぐずることもなくしっかり歩いて、電車でもきちんとしてくれて、ぐずり対策でたくさん用意しておいたお菓子も出番なく帰宅できました。しかも、今日は病院でもトイレに行けたし、帰ったあと実家でも初めてトイレに行けて(しかもおしっこ&ウンチ両方!)、ほんとに成長したなぁ。。。いつも車で出かけることが多いけど、電車で出かけるのも公共マナーを身につけるにはよい機会だし、寒くなるまでにあと何回か電車でのお出かけにチャレンジしようと思います。今度はボンも連れて・・・?

ご訪問ありがとうございます☆今日も応援のポチをよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓
ranking

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ!
ランキング参加中☆
ポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

pipimama

Author:pipimama
子育て、家事、お仕事を楽しむ欲張り新米ママです☆メーカー勤務10年目突入。精神年齢だけは4歳児並に若い!?おいしいものを食べるのも作るのも大好き。細かい作業が大の苦手。
Family
ダンナ:同じ会社に勤めてます。家事は完璧☆
ぴぴ:2006年3月17日生まれの長女。顔はダンナ似、食いっぷりは母似のもよう。
ボン:2008年7月10日生まれの長男。とってもおっとり系で、我が家の癒しです。

☆一部の記事は、閲覧制限を設けております。詳しくは2009年12月1日の日記をご覧ください

ただいま成長中

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。