スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断のとき

今日は長らく悩み続けていたことに、決断をくだしました。私にとってものすごーく勇気がいることでしたが、ついに決めました!
30歳にして近眼歴23年の私、レーシック手術を受けることに決めました!「やっぱりやめる・・・」と言わないためにも、ここで宣言してみます。

私の近視は小学校1年生の夏休み、ファミコンにはまりすぎたことが原因で、2学期には0.6、3学期には0.3になり、3年生からはずっと両目とも0.1になってました。でも、当時はメガネをかけてる小学生ってからかわれたりしてたでしょ?私はそれがいやで、ずーっと見えるフリ(あてられて黒板が見えないときは隣の子のノートを盗み見したり)&一時的に見える裏ワザ各種(目を細めるという定番から、テレカの穴から覗くというワザまでいろいろ)を駆使して、どうにかこうにか過ごしてきましたが、6年生の10月についに限界になり、メガネをかけました。初めてメガネをかけた日、木の葉っぱが1枚1枚くっきり見えて、世の中がぱーっと明るく見えたことに感動したのを今でも覚えています。
その後、中学入学時からハードコンタクトを使い始めましたが、近視の度数はさらに進み、メガネは恐ろしいほどの分厚さに!両目で0.1が見えないレベルに。。。アレルギーもあり、しょっちゅうコンタクトを入れられないほどの目の不調がありました。メガネ界の技術も進み、私レベルのメガネでもかなり薄くはなりましたが、度数の強さのせいで頭痛がしたり、レンズの境目で段差がわからなくてこけたり、不便極まりいない生活です。大学生の頃、目に傷ができてコンタクトができないときに、メガネもかけずに夜に自転車に乗っていて、道だと思ってまがった先がよその家の入り口で、あやうく玄関に激突しそうになったり、人だと思っていたものが電柱だったり・・・。社会人になって使い捨てのソフトコンタクトを使いだし、アレルギーはましになったけど、今度は目が乾燥して痛くて痒くてこれまた不快。でも、裸眼だと、月は常に巨大な満月(ぼやけまくっているので)、人の顔なんてほとんど見えません。家の中を歩くのもほとんどカンです。これだと、夜中にもし何か災害があったりしたら、絶対に家族とはぐれる自信があるし、メガネが割れたりして使えなくなったらもう一巻の終わりです。子どもを守らなくてはいけない立場になり、真剣にこういうことを考えるようになりました。

今はずいぶん費用も安くなり、たまたま家の近くの眼科でも手術を受けられるし、裸眼で生活できるようになるなんて夢のようなんですが、何が問題って・・・怖い!!怖すぎます!!目の手術ってことは、全部見えるってことでしょ?怖くても目をつぶっていたらどうにか耐えられると思うけど、見えてるなんて、想像しただけで身震いが・・・。でも、手術時間はたったの数十分。これで今後何年もメガネやコンタクトなしで生活できると思えばがんばれるはず、でも怖いしなぁ・・・と、思い悩むこと、約3年。(ぴぴが生まれた頃から考えていたのです。)

でも、私の周りにもレーシックを受けて快適に生活している友人がどんどん増えてきて、みんなして「受けてよかった」と言うのを聞いて、私もいよいよ受ける方向に心が傾き、今朝、ぐーチョコ最終回を気にしつつ(もちろん録画してましたけど)、レーシック手術が受けられるかどうかの適性検査を受けにいきました。中には手術を受けられ人もいるいうことで、心のどこかで「残念ながら無理ですね~」と言われたらそれはそれでいいかも・・・なんて思いながら、あれやこれやと2時間くらいかけていろんな検査をしました。結果、左目が特に強度の近視&角膜が薄いので、視力が出にくいかもしれないということでしたが、手術は問題なく受けられるとのこと。たとえ完全な状態にならなくても、今よりはあきらかに見える生活になるので、意を決して手術の予約をしてきました。どうせなら育児休暇中に術後検査なども一通り終えたいので、5月中旬に予約しました。その前に術前検査が2回あるので、その準備のためGWからコンタクトなしの生活になります。

目を開ければ24時間いつでも周りがはっきり見えるようになるなんて、今の私の視力からではとてもとても想像できないですが、今は恐怖心よりも楽しみな気持ちのほうが大きくなりました。直前になったらまた怖くなってくるんだろうけど・・・。でも、今後の長い人生のことを考えて、快適な生活を手に入れたいと思います。経験者の方、私に勇気をください!!

ご訪問ありがとうございます☆ランキング参加中♪よろしければ今日も応援のポチをよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓
ranking にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

pipimamaちゃん、視力悪かったんだ~全然知らなかったよ~幼い頃からずっと苦労してきてたのね。今回レーシック手術を受けること決意したのスゴイ!周りのお友達も受けられてるとのこと、ぜひ体験を教えてね!うちの旦那さまが同じく0.1も視力なくて、ずっと使い捨てコンタクトの日々なのだけど、夜にメガネを子どもたちに踏まれないようキャビネットの上に乗せて寝てて、途中で夜中起きてもまったく見えていない様子にいつも不安を感じてるの。もし万一災害が起きて、そのときメガネが破損していたら、この人は私や子供を守れない上、逆に私がこの人の眼になり、子供と旦那さまを安全なとこに導かなくちゃいけないのかと思うとやっぱり不安で不安で・・・だから、今回pipimamaちゃんが頑張って手術を決心したのは、今後のことも思うとすっごく素敵な決断だと思うよ。頑張ってね。うちの旦那さまも決断してくれたらいいのにな・・・。

はい、全然平気です!
確かに怖かった、帝王切開より怖かった。
でも終わってしまえば、快適生活!
大丈夫、大丈夫、何も考えないことが一番!
頑張ってね。

私も中学生からコンタクト生活です。さらに乱視です。30センチ先も見えません。私もレーシック受けたいと思いつつ怖いので決心がつかず。本当に災害の時とかあーちゃんおんぶしてチャッピー抱えて逃げられるだろうかと不安になりました。pipimamaさんの勇気はすごいと思います。

こんにちは~
そっかぁ~目が悪かったんだね。
私も、0.01と0.03なので、メガネなしでは生活できないですね~たまに使い捨てコンタクトですけどね。
私も、中学1年にメガネデビュー。ゲームはしてなかったけど、遺伝かな?
レーシックかぁ~私は、1度も考えたことがなかったので、すごいなぁ~というのが感想です。
5月には、素敵な世界が待ってるんですね。
楽しみですね(*´∇`*)
決断したら、行くしかないですね。
がんばれ~pipimamaちゃん!

実はね、旦那さんが最近レーシック手術受けたの!

私は裸眼2.0でここまできたから
見えない苦労は良く分からなくて
「お金をかけてわざわざ手術しなくてもいいんちゃう?」
と言ってたんだけど、
手術もすぐだし、すぐよくみえるようになって
コンタクト生活から解放されてすごく喜んでるよ。

私の職場の人も2人同じ病院で手術を受けてて
その人達もすごく薦めてたし。

経験者にいい病院を紹介してもらえるといいね。

超ド近眼の私としては、ぜひぜひ感想聞かせてほしい~!
コンタクトってお金もかかるし、使い捨てが出来てから(旅行のときとか)まだ便利になった方だと思うけど、でもやっぱり不便だし、「目さえ良ければ…」って思ってしまうことが多々あり。。。私も災害の時とか「やばいなぁ」って思っていて、あと将来pipimamaさんのように子供が出来たときに手間を省くためにも受けたほうが良いのかなぁ、って思ってみたり。
なので経験談、すごく知りたいです~!

☆おへんじ☆

~akikoちゃんへ~
実はかなりの近眼なんよ~。毎晩子どもの寝顔見ながら「災害が起きたらどうしよう・・・」って思い続けているのでね・・・。子どもが生まれるまでは半分冗談で言ってたけど、今は本気で心配。実際受けたらまたレポートするね。旦那様の参考になればいいな。

~ケイチャンへ~
ケイチャンの話が決め手になったようなもんやわ。もうやると決めたら、あれやこれやと考えても仕方ないもんね。メガネ・コンタクトなしの生活を思い描いて、まな板の上のコイになって、おとなしくしとくわ。

~えりなさんへ~
私も乱視強いですよ。不便ですよね。。。やっぱり子どもが生まれたら、このままで大丈夫?と、真剣に考えるようになりますよね。手術後にレポートしますので、参考になればうれしいです。

~みゆさんへ~
みゆさんも強い近視なんですね。私は仕事でパソコン作業が多いので、度の強いメガネだとすぐ頭が痛くなるので、基本コンタクトです。でも、長時間コンタクトだと目のためにはよくないし、特に花粉症の時期はコンタクト入れるのもつらくて、思い切って手術しようと思いました。決めたらじたばたせず、術後の汽笛生活を思い描いて、恐怖心に打ち勝たないとね。

~どきんちゃんへ~
いいですね~、裸眼でそんなに視力がいいなんて。貴重な財産ですよ。私なんて裸眼で見えてた頃の記憶はないですからね。旦那さまも経験されて満足されているんですね。勇気出ます~。子どもは視力悪くならないように気をつけてあげたいと心底思います。

~さやかちゃんへ~
赤ちゃんはメガネが大好きなので、だっこしてると必ずメガネをつかまれます。メガネを壊されたって人もいっぱいいると思います。ボンを生む前に受けてたらよかったなーなんて、今更思ってみたりして・・・。目さえよければ、って気持ち、ほんとに同感!手術後レポートするので、参考にしてね。その前に直前になって逃げ出さないようにしないとね~。
ようこそ!
ランキング参加中☆
ポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

pipimama

Author:pipimama
子育て、家事、お仕事を楽しむ欲張り新米ママです☆メーカー勤務10年目突入。精神年齢だけは4歳児並に若い!?おいしいものを食べるのも作るのも大好き。細かい作業が大の苦手。
Family
ダンナ:同じ会社に勤めてます。家事は完璧☆
ぴぴ:2006年3月17日生まれの長女。顔はダンナ似、食いっぷりは母似のもよう。
ボン:2008年7月10日生まれの長男。とってもおっとり系で、我が家の癒しです。

☆一部の記事は、閲覧制限を設けております。詳しくは2009年12月1日の日記をご覧ください

ただいま成長中

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。