スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

REBORN

ついに私、生まれ変わりました!新しい人生のスタートです。
昨日のお昼過ぎにレーシック手術を受けました。以下、術前~術後1日の記録です。これから手術を受けようと考えている方の参考になれば幸いです。

-----------------------------------------------------------------------------------------
○3月28日 
ぐーチョコランタン最終回の日に、適性検査を受けに行き、手術を受けることを決心。

○4月30日 
コンタクト装用終了。メガネ生活に突入。あらためてメガネ生活の不便さを思い知らされ、手術への恐怖心よりも、早くこの不便な生活から解放されたいという気持ちが大きくなる。

○5月7日 
術前検査1回目。こまか~くいろいろな検査をされる。視力検査で、左目が奇跡的に瞬間的に裸眼で0.2くらいまで見えてしまい、機械で測った値とあまりにも異なる(=そんなに見えるはずがない)ため、再検査される羽目に。トータル3時間くらいかかって、すごく疲れました。検査用目薬の影響で、2日ほどまぶしい&近くに焦点が合わない状態になりました。

○5月13日
術前検査2回目。この日の検査は1時間ほどで終了。手術費用を支払い、もうあとには引けません。

○5月15日 手術当日。
12:45 すっぴんにて病院到着。
13:00 手術の説明を受け、手術用のガウンと帽子を装着。目薬を数種類さされ、最後に麻酔の目薬。
13:30 
この日の1番手として手術室へ。目の周りをイソジンでぐるぐる消毒され、手術用のイスへ。歯医者のイスみたいな感じでした。抱き枕を抱えて、ひたすら赤いランプを見つめる。途中、真っ暗になったり大きな音がしたりするも、事前に聞いていたためにびっくりすることなく、レーザー照射時間も看護師さん?が「残り○秒です」と逐一声をかけてくださったため、落ち着いていられました。何より先生の声が超タイプでね~♪あれよあれよという間に両目終了。イスを降りてスリッパをはく瞬間から「うわ~見える~~!!」

13:40
手術室を出る。術後の目薬を点眼してもらい、目を閉じて休憩。1番手の私に、残りの人たちが「痛かったですか?」「怖くなかったですか?」「もう見えますか?」と質問の嵐。先輩面して答えておきました。「まったく痛くないです。ちっとも怖くないです。めっちゃ良く見えます。」
 
14:10
目薬をもらい、帰宅の許可を得る。

14:30
保護用のダテメガネをかけて帰宅。麻酔が切れて、目がしょぼしょぼして目があけにくくなる。でも、痛みはなし。

15:00
目のしょぼしょぼがMAXに。目が開けられないので、とりあえず寝てみる。

16:00
目を覚ますと、だいぶ目が開けやすくなっていた。うわ~、よく見える!

17:00
普通に目があけられる。夜ごはんの準備などを行う。目に違和感なし。この日は洗顔・洗髪は禁止。

21:00
ダンナとDVDを見ながら左右の見え方を確認。右に比べて左がちょっと見えにくい感じ。もともと左は度数が強い&角膜が薄いので目標視力が出ないかもと言われていたので、こんなもんかな~って感じ。それにしてもまったく痛くもなく、当日にこんなに見えるなんて!

23:00
就寝用のゴーグルみたいなのを装着。両面テープでがっちり固定。これでボンに顔面けられてもたたかれても大丈夫。

○5月16日
6:20
ぴぴに起こされる。ゴーグルを取ろうとしたら・・・両面テープ、モーレツな粘着力!痛すぎ~!ゆっくりゆっくりはがしたけど、なんと眉毛が大量脱毛!!ひぇ~~・・・。こんなところに思わぬ落とし穴が。

9:00
術後検査1回目。視力はなんと右2.0、左1.2。見えにくいと思った左目は、右が2.0も見えていたからだったのでした。生まれて初めて一番下が見えただけでなく(今まではそこに何かがあることすらわからなかった)、わっかの切れ目までわかりました。まさにミラクルです。感動と興奮で、検査後に保護メガネをかけるのを忘れてしまったくらいです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
こうして20年以上にわたるド近眼生活にピリオドが打たれました。視力はまだ安定しないので、今後少しずつ変わっていくそうですが、とりあえずメガネもコンタクトも不要になりました。信じられない・・・。あんなに怖がっていた私でも、全然痛くなかったし怖くありませんでした。切ったり縫ったりせずに、見た目もまったく変わらないのに、たった10分でこんなことができてしまうなんて、医学の進歩はすごいです。

もちろん100%安全だとは言えないし、今後年をとったときにどうなっていくかはわかりませんが、少なくとも私にとっては感動的な体験でした。怖くて躊躇されている方、こんなにビビりな私でも大丈夫だったということを励みにしてください。あ~、快適生活、嬉しすぎ!

ご訪問ありがとうございます☆ランキング参加中♪よろしければ今日も応援のポチをよろしくお願いします。
↓↓↓↓↓
ranking にほんブログ村 子育てブログへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いいですね~

私はドライアイなので、多分むかないんじゃないかなって思います

でも。メガネもコンタクトもいらない生活にあこがれます

室内ではメガネなしでも平気ですが、外は怖いですしね

友達も手術しましたが、お風呂ですらメガネないと無理ってな子だったんで、私くらいやと焦らんでもいいよとは言われました

怖いけど興味はありますね~

でも100%安全とは言えないってのも怖いです
どんな手術もそうやとは思いますが…

無事にレーシック終わって良かったね(*´∇`*)
きいてるだけで、ちょっとドキドキするけど、私は、こういうのびびりなので、これからも超度近眼ですが、本当に夢のような世界がpipimamaちゃんの前に広がってるんだろうね!
お疲れ様でした!

私もど近眼なんでうらやましいです。しかしコンタクトなしの生活1ヶ月はつらいです。コンタクトなしだと運転できないので。運転できない方が怖いです。もしするとなるとかなり準備が必要かも。うらやましいですが…。

☆おへんじ☆

~みきっちさんへ~
私は両目でも0.1がまったく見えないくらいの悪さだったので、メガネやコンタクトなしだと普段の生活が送れないレベルでした。そうでなければ、普通にメガネやコンタクトでいいと思いますよ。頭痛がましになると聞いてるのでそれが嬉しいです。

~みゆさんへ~
術前は怖かったけど、やってみたら全然怖くなかったです。ほんとに快適~。頭痛持ちなんだけど、これで頭痛も軽減されるかもしれないので、楽しみ☆

~えりんさんへ~
コンタクトなしのメガネ生活は、術前の2週間ほどですよ。確かにかなり不便でしたけどね。ボンにメガネを攻撃されることが多かったので、その心配もなくなりました。快適ですよ~。
ようこそ!
ランキング参加中☆
ポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 子育てブログへ
プロフィール

pipimama

Author:pipimama
子育て、家事、お仕事を楽しむ欲張り新米ママです☆メーカー勤務10年目突入。精神年齢だけは4歳児並に若い!?おいしいものを食べるのも作るのも大好き。細かい作業が大の苦手。
Family
ダンナ:同じ会社に勤めてます。家事は完璧☆
ぴぴ:2006年3月17日生まれの長女。顔はダンナ似、食いっぷりは母似のもよう。
ボン:2008年7月10日生まれの長男。とってもおっとり系で、我が家の癒しです。

☆一部の記事は、閲覧制限を設けております。詳しくは2009年12月1日の日記をご覧ください

ただいま成長中

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。